2014年05月24日

ボクは命があることに感謝している。 辰吉丈一郎

ボクは命があることに感謝している。生きているから苦しさが分かり、苦しいときがあるから喜びも分かる。どちらかひとつだけだとしたら、その価値が分からないだろう。人間は人としてこの世に生きていることそのものが、運がいいと言わなければならないのではないか。

辰吉丈一郎・1970年5月15日生まれ、プロボクサー



それでもやる (小学館101新書)







posted by 浅草太郎 at 23:10| 辰吉丈一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。