2007年10月28日

精神的にしんどいのは、大事な試合前だけでいい。 野村忠宏

長時間道場にいるのが、イヤなんですよ(笑)。もちろん、できるだけ試合の状況に近づけて、緊張感や集中力を維持させる、という意味もある。そして、相手を投げる、相手には絶対に投げられない、稽古中はそれだけを考えてやる。道場を出たら、柔道のことは考えない。意識もしない。(略)食事面に関しても全然こだわりがなくて、妻には『あんまり気使わんと、おいしい料理作って』って言っています。そういうことって気にし始めるときりがないから、精神的にしんどいでしょ。普段は、自分を追い込みすぎずに、ある程度自分のやりたいように適当にやる。精神的にしんどいのは、大事な試合前だけでいい。

野村忠宏・1974年12月10日生まれ、柔道家



折れない心 (学研新書)







posted by 浅草太郎 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 野村忠宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。