2008年07月24日

自分で"帰る場所"を見つけだすしかなかったんだ。 前田日明

このまま何もしなかったら、俺の"帰る場所"がないじゃないかと思ったんだ。俺は一体、どこに帰ればいいんだろう。俺の"帰る場所"をなんとか自分で探さないといけないと思った。(略)自分で"帰る場所"を見つけだすしかなかったんだ。

前田日明・1959年1月24日生まれ、元プロレスラー



前田日明デビュー35周年記念DVD−BOX









posted by 浅草太郎 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 前田日明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俺を否定している人間も理解する、また、自分をも肯定しようとしていたら最後は精神が分裂するしかなくなる  前田日明

たまたまファンから貰ったボードレールの『悪の華』という詩集を開いたんだよね。で、そこに書かれてあった詩の一節にこんな言葉が綴られていたんだ。『男性美とは、"神秘"と"復讐"なのである』と。その時、パァーッと視界が開けたような気がしてね。そうか"復讐"してやればいいんだと思った。それまでの俺は、自分から離れていったいろんな人間の気持ちを理解しようとばかり考えていたんだ。(略)でも、その行為自体、自分自身を傷つけていたんだ。俺を否定している人間も理解する、また、自分をも肯定しようとしていたら最後は精神が分裂するしかなくなるからね。だったら"復讐"しよう、と。いや、別に誰かに対して本当に"復讐"するのではなくて、そう思うことで自分の気持ちをラクにしようと願ったんだ。(略)それと『ひとりぼっち』になれたからこそ、俺は"復讐"できるんだとも思った。要するに、リングスを立ち上げ、ひとりで闘うということは自分自身の"復讐"を成功させることにも繋がるんだと勝手に気分を盛り上げていた。(略)たとえ潰れたとしても"前田はひとりでは何もできない"と思っている連中に"ざまあみろ"と胸を張ることができると思った。『ひとりぼっち』でもせめて大会場で闘うことができたら、俺の"復讐"は成功するんだと信じていたんだ。この時点で、完全に俺の澱んでいた気持ちは吹っ切れ旗揚げに向けて精神も肉体もスパートすることができた。

前田日明・1959年1月24日生まれ、元プロレスラー



前田日明デビュー35周年記念DVD−BOX







posted by 浅草太郎 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 前田日明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。